◎ Lapilish's Peaceful life ◎

lapilish22.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

円山公園

―大人の修学旅行 9―

盛りだくさんだった 「大人の修学旅行」 もこれで最後です。
たくさん歩いて疲れたので、円山公園で休憩TIME! のんびりほっこりしました(*^^)v ♫


円山公園

京都市東山区円山町473他
TEL 075-643-5405

※桜の見所等の問合せは075-561-1350(財団法人京都市緑化協会)



d0246960_063659.jpg

ソフトクリームをペロリ♫ 私は宇治抹茶、旦那さんはバニラです。
木陰で1日を振り返りながら、休憩しました。 遊び疲れって幸せですよね(笑)(^_-)

あら?猫ちゃん発見(^'^) きっと公園のアイドルなんでしょうね♫

d0246960_065829.jpg

京都の 「季節」 と 「グルメ」 と 「文化」 を堪能して大満足! とっても充実した楽しい1日でした❤

※今回の京都の町歩きは、我ながらいいプランでした。 充実した内容ですが、ゆったり行動していたんです。
  Summary for meというカテゴリーにまとめたので、もし良かったら京都観光の参考にどうぞ♫

[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-30 01:08 | ❀京都(イベント含む)

京都東山 霊山観音

―大人の修学旅行 8―

有名過ぎるほど有名な清水寺からすぐなのに、ご存知ではない人も多いと思います。
太平洋戦争の戦没者を弔うため、戦後間もない昭和30年に建造された巨大な観音像。それが霊山観音です。

個人的な意見ですが、ここは観光気分で訪れる場所ではないと思います。
でも、明確な意思を持って、是非一度参拝してみてほしい場所です。


京都東山 霊山観音(りょうぜんかんのん)

京都市東山区高台寺下河原町526-2
TEL075-561-22

拝観時間 8:40~16:20
拝観料   小・中・高校生150円、大学生・一般200円(紫太線香付)



d0246960_2174410.jpg

観音像の内部には十一面観音、仏舎利、十二支の守り本尊が安置されています。

私は亡くなった両祖父から戦争の記憶を幾度となく聞いて育ちました。

父方の祖父は戦地として赴いた国で、戦後数か月に渡って抑留されたそうです。 
母方の祖父は、予科練に在籍していた間に終戦を迎えました。

父方の祖母は、戦争の記憶についてまったく語りません。 ちらっとも、ただの一言も。

母方の祖母は男兄弟全員を戦争で亡くしています。 
祖母の次兄はどこで戦死したかすら不明でしたが、近年、祖母が旅行に行った沖縄で
慰霊碑に偶然次兄の名を見つけ、そこが命を散らした場所だと判明しました。

母方の祖父が時折言っていた言葉が忘れられません。
『世の中がみんな「戦争を知らない世代」になればいい。 そしてそのうち、「戦争」すら誰も知らない世界に
なればいい。』


d0246960_2113750.jpg


「法は人間の知恵の集大成」 と言ったりしますが、「知恵」 という言葉には 「物事をありのままに把握し、
真理を見極める認識力」 という意味もあります。

人間の 「負の歴史」 の最たるものである戦争から目をそらさず、誰もが自由で恐怖におびえずに暮らせる
世界になりますように…。
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-30 00:05 | ❀京都(イベント含む)

鷲峰山 高台寺

―大人の修学旅行 7―

ゆっくり時間を気にせず拝観したいと思っていたのが高台寺です。
臨済宗建仁寺派の禅寺ですが、豊臣秀吉の正室 「ねね」 (北政所) が秀吉の菩提を弔うために建立した
寺であり、「ねね」 自身も晩年多くの時間を過ごしたことから、とても壮麗な造りになっています。

たびたび火災に見舞われて多くの建物を失ったそうですが、現存している建物だけでも十二分に素晴らしい
です。 「ねね」 に縁深い寺院だからか、雅な雰囲気ですよ(^'^)


鷲峰山(じゅぶざん) 高台寺

京都市東山区高台寺下河原町526番地
TEL 075-561-9966

拝観時間 9:00~17:00 (17:30閉門) 
拝観料   大人600円 中高生250円 小学生以下無料 ※高台寺掌美術館を含む

※その他、詳しくはHPをご覧ください。



d0246960_23224594.jpg

こちらは高台寺天満宮。 「ねね」 が崇拝していた菅原道真公を勧請して高台寺の鎮守社としたものです。

学問の神様と呼ばれる菅原道真公、秀吉と共に天下統一を成し遂げ、出世、長生きした 「ねね」 にちなんで
開運、出世、健康長寿、災難厄除などにご利益があるとされています。

『一度回すと大蔵経という経典を読むのと同じご利益があるとされている。』という、チベットの寺院などでよく
見られるマニ車も設置されています。

旦那さんと一緒にしっかり参拝し、マニ車も回してきました。 ご利益、あるかな??

d0246960_23232530.jpg

d0246960_23272081.jpg

萱ぶき屋根と丸窓が印象的な遺芳庵は、高台寺を代表する茶席です。
歴史ある茶室を訪れるといつも思うのですが、本当に質素…でも、凛とした澄んだ空気が流れています。
清貧とはこういうことなのだと思います。

d0246960_23323831.jpg

国の史跡、名勝に指定されている庭園は、桃山時代から江戸時代初期の造園の名人として名高い小堀遠州
の作。 現代に蘇らせたのは、北山安夫さんという名庭師です。

池を横切る通路の中央に位置しているのは、月を眺めるための観月台。 風流ですね!

d0246960_2341575.jpg

方丈という建物から枯山水を眺めることが出来ます。
私は枯山水が好きです。 水を使わずに山や水の風景を表現する日本庭園の様式なのですが、とてもモダン
だと思うんです。 眺めながら想像を膨らませるって豊かな時間ですよね(^'^)

高台寺の枯山水は今、龍を表現した模様になっています。
全長45mの大きな龍だそうですよ。 どこが頭でどこが尾なのか…わかりますか?
写真に写っている門の手前あたりが頭だそうです(^^ゞ

d0246960_19425967.jpg

d0246960_19425050.jpg

こちらは霊屋(おたまや)。 「ねね」 の墓所であり、豊臣秀吉と 「ねね」 をお祀りしている所です。
実際に 「ねね」 がこの中で眠りについていると思うと、想像の範疇の歴史がきゅうにリアリティを増してきます。

私は歴史が浅い北海道生まれなので、あまり史跡などに触れずに育ちました。 
でも、歴史深い関西に移り住み、史跡を自分の目で見て歩くうちにすっかり歴史のとりこになりました…。

『1秒前は過去』 なんて言いますが、私達が生きている今この時も、いつかは歴史の1ページとして語られる
んですよね。 その時に、少しでも良い時代として語られるといいですね。

d0246960_19525435.jpg

臥龍廊(がりゅうろう)と呼ばれる階段を抜けると現れるのは傘亭
かの有名な利休の意匠で作られた茶室で、伏見から移築されました。 
こちらも遺芳庵と同じく、清貧なたたずまいです(^'^)

d0246960_2094146.jpg

d0246960_20114875.jpg

高台寺は、京都随一の観光地にありながら静謐な雰囲気に包まれています。
静謐で、でも壮麗で… 「ねね」 が大公秀吉を偲んだ気持ちが伝わりますよ(^'^)

今時期は青もみじが綺麗ですが、春の桜や秋の紅葉も素敵だと思います。 
是非、じっくりと訪れてみてください。

d0246960_18301556.jpg
※高台寺から続く 「ねねの道」 です。

More
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-29 20:46 | ❀京都(イベント含む)

二寧坂から高台寺への路(みち)

―大人の修学旅行 6―


※6月27日にアップした記事なのですが、後日確認したところ、なぜかほとんどの写真が消えて
  いました(*_*)。 その為、多少文章を変更しています。



清水寺から高台寺や円山公園へ続く通りは、もっとも京都らしい雰囲気を楽しめる通りだと思います。
一本につながるこの通りは、正式には小路ごとに 「産寧坂」 「二寧坂」 「一念坂」 と呼ばれています。

私と旦那さんがゆっくり歩いたのは 「二寧坂」 。
言わずと知れた観光スポットですが、やっぱり何度訪れても京都気分を盛り上げてくれます(^'^) ♫

「二寧坂」 の紹介をする前に、まず 「産寧坂」 のそれにふれましょう。

「産寧坂」 は400年以上前からある坂で、名前の由来も幾つかあります。
定説とされているのは、清水寺の 「子安の塔」 に続くため 「産寧」 という名前がついたというもの。
そのため、この坂を通って清水寺(観音様)へお参りすると安産になると言われています。
また、大同3年(808年)に完成したので三年坂とも言います。

そして 「二寧坂」 。 こちらは『三寧坂の下にある坂なのでそう呼ぶようになった』という説が有力です。
意外と単純ですね(笑)  「産寧坂」 同様、大同2年に完成したので二年坂とも呼ばれています。

最後に 「一念坂」 ですが、こちらは1992年に整備された比較的新しい坂です。
先のふたつにならって命名したのでしょうね。 「寧」 ではなく 「念」 を使用したのは、差別化かな?

忍者スタイルのワンちゃんを発見! あまりの可愛さに写真を撮らせてもらいました(^_-)♫
道行く人々に芸能人並の人気でしたよ(笑)

d0246960_20495147.jpg

さぁ、お次は高台寺の参拝です。 じっくりゆっくり、堪能してきましたよ(*^^)v
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-27 23:52 | ❀京都(イベント含む)

「茶陶窯元 嘉祥窯」で陶芸体験

―大人の修学旅行 5―

「大人の修学旅行」をテーマにしたこの日、京都の「季節」と「グルメ」と「文化」を楽しもうと張り切ってプランを
考えました。 我ながらナイスプラン(*^^)v ←自画自賛(笑) 

「季節」は紫陽花、「グルメ」は湯豆腐、そして「文化」のひとつは陶芸体験!
ずっと前からやってみたかったんです ♫

京都には陶芸体験が出来る工房がいくつもあるのですが、その中から嘉祥窯を選んだ理由は、電動ロクロを
使った体験コースがあるから! アクセスの良さと手頃な価格も魅力的です(^_-) ♫


茶陶窯元 嘉祥窯 (かしょうがま)

京都市東山区清水3-343
TEL 075-531-0056

※陶芸教室 営業時間10:00~17:00  年中無休
※その他詳しくはHPをご覧ください。



d0246960_20464699.jpg

二年坂と産寧坂が交差するところ、清水寺や八坂神社から徒歩約10分の場所に嘉祥窯はあります。
実は、湯豆腐を頂いた奥丹清水のお向かいさんです(^'^)

嘉祥窯は入って右手が店舗、左手が陶芸体験教室になっています。
店舗スペースの写真は撮っていませんが、四代に渡り京都ならではの作風を追求している姿勢がしのばれる、
素晴らしい器が並んでいました(^^ゞ

↓こちらは手頃な価格帯の器ですが、手仕事感が伝わるものや繊細な絵付けのものなど、やはり目をひく器が
多かったです。

d0246960_23462347.jpg

こちらが体験教室のスペースです。
参加者の準備は必要ありません。 服が汚れないよう、エプロンも貸し出してくれます。

コースは 「湯呑orカップコース」、「お茶碗コース」、 「お皿orお鉢コース」の三つ。
私と旦那さんは 「お茶碗コース」 にしました。

土を練るような作業は事前にしてくれているので、即電動ロクロスタート! 2人共初体験ですヽ(^o^)丿

d0246960_23524420.jpg

陶芸体験の間は自分で写真撮影をするのは無理ですが、優しい先生(指導してくださる若手作家さん)が
しっかり撮ってくれます。 私はブログ用の写真まで撮ってもらいました(笑)

まずは旦那さん。 これが予想外に上手だったんです\(◎o◎)/! ←失礼(笑)
先生に 『センスがいい、すぐに上達しますよ。』 と褒められていました。

旦那さんはもともと器用なうえに集中力があるんです。 陶芸、向いてるみたい。 うらやましい!

d0246960_0122949.jpg

そして私…なかなかでしょう? な~んて、冗談です。 難しかった~(>_<)!
力加減がとにかく難しい! 私はどうしても右手が強くなりがちで、気づいたら外側にふにょ~っと開いた形に
なっていました。 電動ロクロは、一瞬気を抜いたらすぐに変な形になっちゃいます。 ホント難しい!

美術畑出身なので、実はちょっぴり自信があったんですけどね。 うぅ…(T_T)
誉め上手で盛り上げ上手な先生の指導のおかげで、なんとか希望の器が出来ました。 先生、ありがとう!

お茶碗としての用途以外に、スープボウルや中鉢としても使えるように成型したつもりです(^^ゞ

d0246960_0124054.jpg

電動ロクロが終わったら、好みの色の釉薬(ゆうやく)を選びます。
定番の七色と季節限定の色があります。 私は季節限定色、旦那さんは定番の色を選びました。

工房が「仕上げ、素焼き、釉薬がけ、本焼き」をして器を完成させ、後日自宅に郵送してくれますよ。
当日の所要時間は約30分、本当に手軽です。

本当に楽しかった(^'^)! 早く完成品が届かないかな~、待ち遠しい!
次は「お皿orお鉢コース」をやりに来ようかな❤

More
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-26 21:33 | ❀京都(イベント含む)

京リストランテ OBLIO

―大人の修学旅行 4―

絶品湯豆腐を堪能した後は、すぐ近くのカフェで食後のコーヒーを頂きました。
根っからのコーヒー党なので、何を食べても食後にコーヒーが飲みたくなります(笑)(^^ゞ


京リストランテ OBLIO

京都市東山区清水産寧坂(三年坂) 忘我亭内
TEL075-525-3434

営業時間11:00~19:00  不定休



d0246960_0395296.jpg

築100年の町屋そのままの入り口を入ると、期待を裏切らない風情ある石畳が続きます。
でも、この道を進んで店内に足を踏み入れると…

d0246960_0434767.jpg

…まさかの思いっきり洋風! めっちゃカフェ! これぞカフェ(笑)!
ある意味めちゃくちゃ落ち着く内装です(笑)

京都きっての観光スポットなので周囲は徹底的に「和」なのですが、こちらのお店だけはある種スタンダードな
洋風のカフェです。 これはこれで、やっぱりすんなり馴染めます(笑) 

d0246960_0461239.jpg

■アイスコーヒー

テラスが大好きなので、迷わずテラス席に座りました。 
陽射しは強くないけれど気温が高い日だったので、アイスコーヒーが美味しかったです(^'^) ♫

ちなみに、写真奥の白い蔵と町屋は、併設している和雑貨とギャラリーのお店「忘我亭」です。

d0246960_051639.jpg

お料理は頂いていないのでわかりませんが、個人的にはサクッと休憩するのにベストなお店かな~と
思いました。 観光地の喧騒からしばし逃れるにはいいと思います。

d0246960_0573695.jpg

食後のコーヒーを頂いた後は、念願の 「陶芸体験」 です(*^^)v ♫
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-26 01:03 | ❀京都…飲食店・Shop

総本家 ゆどうふ 奥丹清水

―大人の修学旅行 3―

「大人の修学旅行」 にふさわしい昼食を…と選んだお店は、創業約375年の歴史を誇る、湯豆腐の老舗です。
古式ゆかしい豆腐料理の数々は絶品揃い! 最高の昼食を頂きました(^'^) 

京都を訪れる際は、是非お食事の候補に加えてください。 心からお勧め出来るお店です ♫


総本家 ゆどうふ 奥丹清水

京都市東山区清水3丁目340番地
TEL 075-525-2051

営業時間
平日11:00~16:30(ラストオーダーは16:00)、土日祝11:00~17:30(ラストオーダーは17:00)
定休日、木曜日



d0246960_20411617.jpg

趣ある入り口に足を踏み入れると、畳敷きの外通路が現れます。 
もちろん靴を脱いで上がるので、リラックスできます。 この雰囲気だけで気分が高揚しますよね。

d0246960_23101888.jpg

予約時に 『一番お勧めの席をお願いします。』 と伝えたら、600坪の日本庭園を一望できる席を用意して
くれていました。 一階大広間の角の席です。

2階席や個室の席もあります。 
失礼ながらお手洗いに立った時にふらりと覗いたのですが(お客様がいなかったので(^_^;)(笑))、
たしかにこちらの席が一番眺めが良かったです。

d0246960_23141039.jpg

くつぬぎ石、つくばい、燈籠、飛び石、湧水…600坪の日本庭園は、伝統様式が随所に散りばめられている
素晴らしい庭園でした。 まるで日本画のようです。

奥の席から臨む景色も観光地のど真ん中とは思えない緑の深さですよ(^'^) 

d0246960_23231532.jpg

d0246960_23205871.jpg

私達が注文したのは 『昔どうふ一通り』 という湯豆腐がメインの精進料理コースです。
夏に味わえる冷奴 (ひややっこ) を含めて四種類あるコースの中で、一番人気がある看板メニューです ♫

■昔どうふ一通り
 ゆどうふ、木の芽田楽、とろろ汁、胡麻どうふ、精進天ぷら、ごはん、香の物


まず運ばれてきたのは胡麻どうふととろろ汁。 
とろろ汁はそのまま味わっても良いのですが、私は後から運ばれてくるごはんにかけて頂きました。

胡麻どうふは胡麻の風味と甘味が驚くほど濃厚で絶品でした! ツルッとした食感も最高!
ものすごく弾力があって、箸で切れないほどプルプルでした。 美味しかった~❤

d0246960_2330381.jpg

こちらは木の芽田楽、私と旦那さんが 『初めての美味しさ』 に感動した一品です。
伝統的な製法で作られた豆腐に木の芽や柚子で味付けされた味噌を塗って炙った一品なのですが、今までに
味わったことがない奥深い味わいでした。 

これ、絶対にもう一回食べたいです! 

d0246960_23304851.jpg

メインの湯豆腐がこちら! 写真で二人前なのですが、けっこうたっぷりした量です。
 
奥丹の豆腐は、お店の地下にある豆腐工房で毎朝職人さんが手作りしています。 
創業約375年もの間変わらずに受け継がれているむかしどうふは、私が普段食べている豆腐とはまったくの
別物でした。 次元が違うってこういうことなんだなぁ…と感動する美味しさ\(◎o◎)/❤

d0246960_23441341.jpg

『滋賀県比良地方で無農薬栽培された大豆を、同じ地の地下水を使って作られている豆腐は、少し固めの
純古代作りのお豆腐です。』 とのこと。

鍋が火にかけられて待つこと数分、豆腐がふわっと浮き上がったら食べごろです。
お店の方にお勧めされて、まずは何もつけずにひと口…美味しい~ヽ(^o^)丿❤ 
普段よく食べる木綿豆腐とは比べ物にならない美味しさ! これが本当の豆腐なんだなぁ…と感激しました。

おだしをかけてネギを散らして頂くと、豆腐の旨みがより強調されて本当に美味しかったです。 絶品!

d0246960_23442363.jpg

精進天ぷらは、薄い衣がパリッとしていて歯ごたえが良かったです。
全体的に薄味の品が多いので、強い味の天ぷらがアクセントになっていました。

山芋のすりおろしを丸くまとめて揚げた一品は、しんじょのようなふわふわ食感が不思議で美味しかったです。

d0246960_05231.jpg

食べている途中の写真で申し訳ないのですが、こちらが 『昔どうふ一通り』 の全品です。
昼食としては少しいいお値段ですが、そのお値段以上の価値があると思いますよ(*^_^*)❤

d0246960_0102331.jpg

日本庭園を眺めつつ老舗の湯豆腐と精進料理を頂くのは、心からしみじみする 『良い時間』 でした。
忙しない日常から少し離れて、丁寧に作られた本当に美味しい料理と時間と空間を楽しむ…最高の休息です。

こういう事柄を楽しめるようになったとは、つくづく大人になりました(笑)

d0246960_0103427.jpg

d0246960_0164061.jpg

またひとつ京都のお気に入りが増えました。 ごちそう様でした❤
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-25 20:54 | ❀京都…飲食店・Shop

八坂通

―大人の修学旅行 2―

三室戸寺の最寄り、三室戸駅から京阪電車に揺られて約40分。 祇園四条駅の上には京都四條南座が
あります。 そこから八坂神社の方面は、とても京都らしくて歩くだけでも楽しいです。

四条通りを少し逸れて花見小路通に入って祇園へ。
お茶屋を眺めながら東大路通を渡ると、ふと目の前に五重塔が現れます。 そこへ続くひときわ情緒がある
堀と石畳の道…それが八坂通です。

d0246960_0581382.jpg
※八坂通を二年坂の方へ進んで、振り返って撮影した法観寺・八坂の塔です。

八坂通は、鴨川のすぐ東から三年坂へ続く道です。
明治以前は花街だったそうで、遊女が八坂の塔を巡って踊る八坂踊が風物詩になっていたとか。

一年坂、二年坂、三年坂ほど人気の通りではないかもしれないけれど、絵に描いたような観光地の清水通の
すぐ近くなのに不思議と静かで、私は八坂通が好きです(^'^)

d0246960_11184.jpg

京都は一年中着物姿の人をそこかしこで見かけます。
ふとすれ違ったカップルがとても絵になっていて素敵だったので、思わずバックショットをパチリ ♫

モデルにさせて頂いたお二人さん、お許しくださいね(^_-)

d0246960_1223934.jpg

さぁ、風情ある八坂通を抜けるとこの日のお楽しみが待っています。 
創業約375年! 老舗の湯豆腐屋さんで頂く素敵な昼食です(*^^)v❤

More
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-25 00:03 | ❀京都(イベント含む)

三室戸寺 ―蓮園・紫陽花園―

―大人の修学旅行 1―

梅雨真っただ中ですが、皆さんいかがお過ごしですか?
大阪は週末は晴れ間に恵まれている気がします。 快晴!…というよりは、しっとり花曇りって感じかな(^'^)

そんな花曇りだった先週の土曜日、旦那さんと京都を思いっきり満喫してきました。
しっかりプランニングして 「季節」 も 「グルメ」 も 「文化」 も楽しんできましたよ ♫

テーマは 『大人の修学旅行』 ヽ(^o^)丿(笑)❤

d0246960_22492651.jpg
※本堂です。


三室戸寺

京都府宇治市菟道滋賀谷21
TEL 0774-21-2067

拝観時間 4月1日~10月31日、8:30~16:30 11月1日~3月31日、8:30~16:00
拝観料   大人500円 子供300円 

※年末休み12月29、30、31日  その他、詳しくはHPをご覧ください。

※過去のレポはこちら→ 2011年7月蓮園・紫陽花園 2012年GW本堂  2012年GWツツジ園


仕事で頻繁に京都を訪れるので、プライベートでは以前のように 「ふらりと」 来る機会は減りました。
しかし、明確に 「目的」 があれば別! 張り切ってやってきます。
私がおおいに張り切って足を運ぶ京都の大好きな場所、それが花寺として有名な三室戸寺です。

d0246960_2250675.jpg

以前のレポでも紹介しましたが、三室戸寺は五千坪の大庭園に四季を通じ美しい花々が咲き誇ります。
5月は20,000株のツツジと1,000株のシャクナゲ、6月は10,000株の紫陽花、7月は蓮、秋は紅葉…
本当に素晴らしいです。

d0246960_2257232.jpg

蓮の花は午前1時から2時に咲き始め、7時から9時に最大に開き、あっという間に閉じてしまいます。
私達が三室戸寺に到着したのは午前10時。 咲き誇る時間には間に合いませんでしたが、数輪は咲いて
いました。 待っていてくれたのかな(^^)?

歴史ある寺院と美しい蓮…言わずもがな、ありがたい気分になってきます。

d0246960_225858.jpg

蓮を少し眺めた後は、最大の目的の紫陽花園に移動です。
「西日本の紫陽花の名所ランキング」 ではTOP3の常連という名所だけあって、今年もやっぱり見事です!

青、ピンク、白、紫…色とりどりの10,000株の紫陽花が咲き誇っていました❤

d0246960_23131195.jpg

d0246960_23202361.jpg

藍色の紫陽花…『藍姫』 かな? 親戚の家にいっぱい咲いていた品種に似ていて、懐かしくなりました。

d0246960_23203584.jpg

薄紫色の大きな紫陽花、これも素敵でした。
この品種は茎が強いのかな? すくっとまっすぐ上に向かって咲く姿が格好いいですね。

d0246960_23204728.jpg

真っ赤な紫陽花はまるでバラのような鮮やかさ! 

d0246960_23432676.jpg

青い紫陽花が1番多いように見えました。
ライトアップされる夜には浮かび上がって見えるんでしょうね~ ♫

d0246960_23421155.jpg

紫陽花園を少し離れて眺めてみると、緑の中にカラフルなボールがちりばめられたみたい…綺麗~❤

紫陽花は雨だれの中が1番綺麗に見えると思うので、本当は雨模様を期待していました。
(不謹慎(^_^;)?)  でも、花曇りの日もすきっと花が浮き立って見えていいもんですね。 

雨だれの中の紫陽花とはまた違う、幻想的だけれどポップな感じがしました。

d0246960_23483132.jpg

d0246960_23484169.jpg

紫陽花園が見渡せる期間限定の 「花の茶屋」 で、休憩がてら甘いものを頂きました。
昔ながらの甘いもの、とっても美味しかったです(^'^)


はんなりかふぇ・お花見処~花の茶屋~

営業期間 (期間限定) 2012年4月14日から7月中旬
※つつじ、シャクナゲ、紫陽花庭園のオープン期間中のみ営業

営業時間 8:30~16:30
※紫陽花ライトアップ開催の土曜・日曜 8:30~16:30 19:00~21:00



d0246960_065825.jpg

■門外不出のひやしあめ 抹茶白玉ぜんざい

「ひやしあめ」 は京都を中心とした関西ではメジャーな飲み物ですが、東日本では知らない人も多いと思い
ます。かくいう私も、大阪に移り住む前は知りませんでした。
水飴を溶いて生姜やニッキで香りと風味をつけてあります。 昔懐かしい素朴な味わいで美味しいですよ ♫

抹茶白玉ぜんざいは 『宇治と言えば抹茶でしょ』 ってことで(笑)
旦那さんと分け合って頂きました。 さらっとしたつぶ餡ともちもちの白玉が美味しかったです ♫

d0246960_07936.jpg

それにしても、本当に紫陽花が綺麗でした。
梅雨って鬱々した気分になりがちですが、この時期だからこその楽しみもありますよね。 

d0246960_072572.jpg

d0246960_074132.jpg

大阪から1時間と少し…何度でも行く価値ありの 「花寺」 は、今年も期待を裏切らず美しい紫陽花を
見せてくれました❤

三室戸寺から少し移動して向かったのは、超メジャーな京都の観光名所、清水界隈です。
「大人の修学旅行」 はまだまだ続きます(*^^)v

More
[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-24 22:21 | ❀京都(イベント含む)

花言葉は 『平和』 と 『希望』

久しぶりにお花を買ってきました。 白と紫のトルコキキョウとオリーブです。
やっぱりお花があるっていいですね~、見慣れたおうちが華やかに思えます(^'^)

短めに水切りしてガラスのティーポットにラフに活けました。
台代わりにしているのは木製のブレッドボードです、バターナイフ付きなんですよ。 可愛いでしょ ♫ 

d0246960_1719788.jpg

トルコキキョウは蕾が開いているので、2本で100円におまけしてくれました。
枝ぶりのいいオリーブも1本150円だったので、合計250円! 超お得でした(*^^)v

d0246960_17335756.jpg
 
トルコキキョウの花言葉は 『希望』 『優美』 『よい語らい』 『清々しい美しさ』
オリーブの花言葉は 『平和』 『知恵』

ブログをアップする為にふと気になって調べてみたのですが、思いがけず素敵な花言葉で嬉しくなりました ♫

可愛い蕾、ちゃんと咲いてくれるかな? 
以前友人から 『グリーンサム(植物を上手に育てる人という意味)だね』 と褒められたことがあるので、ちょっと
期待しちゃいます(^^ゞ ←プチ自慢(笑)

d0246960_17384737.jpg

今回使ったガラスのティーポット、デキャンタ、マグカップ、ジャムの空き瓶、水挿し…そういった飾り気のない
おうちにある物を利用して、ラフにお花を飾るのが好きです。

たっぷりのグリーンを摘みたてのような雰囲気で飾るのが1番好き(^^)
そのほうが 『取って付けた感』 がなく、すんなりおうちに馴染んでくれる気がして気楽なんです。

やっぱり、たまにはお花を飾らなくっちゃ❤

d0246960_17435819.jpg

[PR]
by cheb-0522011 | 2012-06-22 17:51 | ❀Flower/Green